より良き今と、未来の幸せのために


by aso01

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

京都2日目

1日目のご報告からだいぶ時間がたってしまいましたが、京都2日目の日記です。
2日目の朝はホテル前のロイヤルホストで食事をとりました(ホテルの朝食バイキングはちょっと重いので)。帰り際に店員さんに「おおきに~」って言われたのが新鮮でした。よいお天気のなかバスで今回の私のメインテーマである清明神社に向かいました。ビルとビルの合間にこんなところに?という場所にありました。私たちが行った時はほとんど人がいなくて触り放題、写真撮り放題、歩き放題でラッキーでした(帰る頃に団体さんが来て混雑してしまったので)。厳粛な気持ちになったり興奮してテンションが上がったり、私の状態は乱高下でしたが最後は妙な安心感だけが残って、やっぱり来てよかった!と思いました。なにかよくわからないのですが「確認した」とか「大丈夫」とかそういう感覚だったように思います。今やっている仕事は間違ってなかったという感じでしょうか。そんな私の複雑な思いをよそにパパは境内で青い空と白い雲を満喫してのんびりお守りを買っていましたけど。
その後は私はもうミッションを完了したような気分になり、何も考えずにぼーっとパパの後ろを付いてい行き、またパスに乗りいつの間にか北野天満宮に到着していました。たまたま月に1回のお祭りの日だったこともあって、油断するとはぐれてしまいそうなほどの人・人・人でした。飲み込まれないように学問の神様に3人分の合格祈願をして、姪っ子の分のお守りも買い、赤ベコの頭をなで、早々と抜け出しまた歩く歩く・・・次は金閣寺へ。
金閣寺の紅葉も素晴らしかったですが、水面に映る逆さ金閣寺と紅葉がまたマッチしていて情緒がありました。どこへ行っても中国人がいましたが、ここが1番多かったような気がします。金運がよくなるという人気スポットなのだとか・・・確かにあの黄金色を見ているだけで豊かな気持ちになれますからね。
やっと全ての予定をクリアして京都駅に戻り、おみやげに「抹茶ラングドシャ」を大量に購入し、締めにパパ推薦の「にしんそば」を初めて食べました。前回仕事で謝りに来た時に部下と一緒に食べたそうです。にしんとそばの組み合わせに違和感を感じながら頂きましたが、これがびっくり、美味しい!くせになりそうな味でした。
ハードな短い時間でしたが帰りは満足して2人とも爆睡、ムリムリ時間を作ってくれたパパ、ありがとう。今度またゆっくり来たいな~
c0052091_21315962.jpg

清明神社
c0052091_21322918.jpg

清明井
by aso01 | 2010-12-20 21:37 | fortune

京都1日目

先週京都に行ってきました。先月何だか突然京都に行きたくなった時は、ほんとに何も考えてなく突発的だったので1年で今が1番観光客が多い時期だとは思いもせず・・・まさにたまたまお休みが取れて行った週がピークだったようです。人の数も半端じゃなかったけどなぜみんなが今行きたがるのかも、よーくわかりました。ヤバイくらい美しい、素敵な風景。紅葉はもちろん、空の雲もずっと見ていたい模様だったし、命の洗濯をさせてもらいました。
1日目朝、子供達を送り出し東京から新幹線でお昼すぎに京都に着きました。駅ビルで京野菜の天ぷらを頂きながら(美味しかった!)私とパパの行きたいところが違ったので全てのミッションをクリアする為の計画を練りました。2日間有効のバス・地下鉄フリーパスを購入し、まずは紅葉の名所、東福寺へ。お天気もよく赤や黄色の葉が青い空に映え、贅沢な景色を満喫しました。その勢いで続けて銀閣寺へ・・・雰囲気は一転して落ち着いた静かな空間、瞑想をしたくなるような厳粛なエネルギーを感じました。陽も暮れ始め足腰が痛いなんて言ってられない!次は清水寺へ・・・ライトアップされた幻想的な紅葉にうっとりし(めちゃめちゃ混んでたのでそう長い時間は浸っていられませんでしたが)、とりあえず1日目のミッション終了。京都駅まで戻り自然食のバイキングで遅めの夕食をとりました。隣の席に座っていた姉妹(20代くらい)が何やら揉めている様子。妹さんは何らかの知的障害がありそうでしたがとにかく満面の笑みで美味しそうにご飯を食べる姿が何とも微笑ましく、パパも私も何度もチラ見してしまいました。お姉さんが怒っているのはどこかに行く予定の時間が迫っているのに妹の食事が一行に終わらないからのようで、「まだデザートが」と訴えている妹に「もういい加減にして!」と席を立ちお会計をしに行ってしまいました。後からあたふたと泣きべそをかいた妹が追いかけていきました。その時は可愛そうに、そんなに目くじら立てなくてもいいのに、と思いましたが後からパパと家族に障害を持った人がいる当事者じゃないとわからない辛さもたくさんあるんだろうねと考え直したのでした。
そしてやっと京都駅近くの予約していたホテルに着いた時、パパが「ここ前の会社でお客さんだったところだ!」「システムの障害が起きた件でエンジニアと一緒に謝りに来たことある」「そうそうこのロビー覚えてる」と1人で興奮気味。パパにとっては過去の自分の歴史をたどるような不思議な旅になりそうでした。
2日目はまた次回に~
c0052091_1975070.jpg

東福寺の紅葉
c0052091_1983486.jpg

ライトアップされた清水寺の紅葉
by aso01 | 2010-12-02 19:13 | fortune